僕は掛け算ができないようです。~宮古島合宿へいってきました!~

長らく間隔があいてしまいましたが、しっかり更新せねばということで再びやる気がわいてきました。

今までは固い文で、「である調」で書いてましたが、好き勝手に書きます!

なんや!文調変わってるやんけ!ってつっこみはなしでお願いします。
まぁブログで稼ごうなんて考えになったら調整しますよ。
(多分ブログ作り直した方が早いですが。)

というわけで3月10日、11日と人生の先輩方と宮古島へ合宿に行ってきました。

2月の終わりにランニング中に足を痛め、うまくトレーニングができず、認定に向けて調整もかけられずでイライラしておりましたが、太陽を浴びてリフレッシュしてきました!

考え方にもよりますが、けがらしい怪我ができるくらいになったことは一つの収穫です。
今までは怪我する前に寝込んでたしね。
(こう考えられるようになるまで2週間ほど要しました。)

〇1日目

主な目的はバイクのボリュームを稼ぐこと、ペースメイクすること。
つまり、コーチとしていったわけです。

基本的にローラーでのトレーニングが多いので、久しぶりに人とロングライドをしたわけなのですが、まぁペースがつかめないつかめない。。。

脚がなくなる予感がしたのか、後ろからワット数の指示が入りました

「FTPの60%な!60%!」

僕と練習したことある人はなんとなく想像がつくと思うのですが、気が付いたら上がるんですよね~

で、ガーミンチラ見したら250W。

あ、やば、って思ったけど、意外と楽そうなのでそのまま行ってみることに。

伊良部島回って、伊良部大橋にて単走の許可が出たので少し上げ始める。

普通に調子いいやん!というか、実走やし、暖かいしそりゃパワー出て当たり前なんですけどね。

そこから橋わたって、みんなが合流したところで

「山下、掛け算できる?九九大丈夫?」

ええ大丈夫ですとも、ご心配なく!調子いいだけです!と返しました笑

といっても、みなさん実力者なので、そんなに疲れてなさそうでした。

集まってすぐに池間を目指して乗ることに。

この辺りからやる気スイッチが崩壊…

何となく、こっそり、260Wくらいまで上げてみると、意外と余裕。

少し色を出して270W。皆さんのスイッチがIN。

向かい風やしちょっと踏んでもばれないだろうということで、ちゃっかり20分間走開始。

なかなかでない離脱者。一つ思ったこと、

「僕がおかしいんじゃなく、この人たちのFTPが高いだけだな。うん。」

ってことで、池間一周の時は自由気ままにFTPくらいで巡行。

後ろから聞こえる、コノヤロー!バカヤロー!ゼーゼー

学生でも300Wくらいで巡行すると千切れだすのに、この時点でまだ1人しか離脱者なし。すご

すぎ。

さすがに坂でちぎるのは卑怯なので、あくまで平地でごりごり。

「こうして強くなるんです。スミマセン…」

って気持ちを押し殺して淡々と踏む。

そして始まる休憩時の愛のある罵倒。

掛け算できないだの、連れてきたの誰だの、まだ1日目だの、楽しそうな会話が飛び交っていました(笑)

でも、経験上、引きずられてちぎられてが一番効きます。

普段はけちょんけちょんにやられる立場なので、気持ちは痛いほどわかります。

そんなこんなで、帰りはちゃんとガーミン見ながら帰りました。

帰ってからはジョグして20℃の海を水着1枚で泳いで終了。

ave 29.8km aveW 173W NP 210W TSS153

(IFが0.97の方もいました。お疲れ様です。)

〇2日目

この日は157㎞のロングライドのみ。

朝起きて皆さんの顔見て、おっしゃっていた意味を理解することに。

「めっちゃつかれてますやん。。。」

といってもスタートはしますけどね。

2日目は160㎞乗る予定だったので、ゆっくりと乗り始めました。

後ろからも念を押すように「ゆっくりね、ゆっくり」とくぎを刺される。。。

昨日は乗るだけだったので、この日はアドバイスを交えながら乗ろうと決め、たまに後ろに行き皆さんの姿をチェックしてました。

(ちょっと疲れて休んでたわけではないですよ。うん。)

なんとなく思ったことなんですけど、プロだろうがアマチュアだろうが同じような悩みを抱えているんだろうなと。
もちろんパフォーマンスが違うので求める精度のレベルは異なりますが、大枠はあんまり変わらないなと思いました。

トライアスロンってプロとの距離も近いので、仲良くなった後に相談してみたら、意外としっくりくる答えが出てくるかもしれません。

たまにぶっ飛んだ答えが返ってくるのも、トライアスリートです。その時は感覚派なんだなと思ってあげてください。

そんなこんなしてるうちに池間島に到着。

本日の第一メインの池間島6周。メニューは4周SFRの1周イージー1周ハード

上り坂でふらつきながらも、何とかメニューを終え、ラストはヘロヘロになりながらもゴール。

「メーターが仕事してない」とか、「三途の川が…」とか、相当激しかったみたいです。

休憩を挟んだ後は、平安名崎を経由してホテルまでたんたんと。

僕のおなかはぐーぐーと。

何事もないふりをしましたが、ラスト15㎞地点で限界に到達しました。

さんざん引きずった兄貴に物乞いをすることに。

「おなか減ったの?優しくしてくれたら補給食あげるよ?できる?」

(ええ、優しくしますとも…。)

ジェル開発した人は神だと思った瞬間でした。
基本的にジェルが合わないので、普段はとらないのですが、生命の危機を感じたのか、10分もたたずに回復しました。

その後は特に大きな問題なく、東急に到着。
パッキングしてシャワー浴びて終了。

ave 27.9km aveW 146W NP 173W TSS200

有意義な合宿でした。ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする