2018年茨城認定記録会

swim 4-10-87
run 16-34-20

この前よりだいぶまし。

少し複雑な気持ち。。。

栃木認定記録会が終わった後、茨城認定記録会に出るかすごく迷った。

栃木では練習以下のタイムをたたき出し、凹みまくっていたので正直気乗りはしなかったが、やっぱり出た方がよいと思い、出場することにした。

ほっとした半面、トライアスロンを頑張っている大学生と変わらないという現実に直面して、危機感を覚える。

勝負は本番といえども、元々記録会の方が得意な私にとって、ハッとさせられる出来事になった。

東京認定記録会までちょうど4週間、28日。

調整分を引いたらまともに追い込めるのは18日くらいだ。

追い込まれて本気出すタイプなんで(笑)とかふざけたことは言ってられない。

ただでさえ出遅れて、まだスタートラインにすら立てていないことを肝に銘じなければ。

スタートラインに立ってしまえばプロもアマも関係ないが、活動に対して金銭が発生している以上、成果の残る努力をしなければいけない。

方向性を固めて、できる限りエラーの少ないトライが必要になる。

そのためには準備が必要になる。あとは練習同士のつながりとか。

練習失敗しました~、次頑張ろ~、も大切だけど、きめるべきとこは決めていかなければいけない。

ポイント練習の失敗は強くなる機会の損失だとおもう。今回はそれを強く感じた。

ほんとはレース前に短い距離の刺激を入れて臨みたいと思っていたのだが、天候不順により代替メニューでごまかした。

結果的に、目標タイムより5秒オーバーしたのはそれが原因だろう。
(根本的に刺激なんて入れなくても16分30は切って走りたいですが)

やっぱり練習って大切だし、継続していかなきゃ身につかない。

特に地味でやりたくない練習、これが一番大切かなと。
(ペース走とか、LT走とか、100m×15本 hard とか…)

とはいえ、明日から東京認定記録会に受けて始動開始だ。

東京認定記録会では4分07秒と、15分50秒を目標に取り組む。

スイムはイメージが付くが、ランは少々イメージがわかないので少し手助けしてもらおう。

といっても、しっかりトレーニングして、ご飯食べて、寝るに限る。あとは1㎏痩せよう。

明日野郎はバカ野郎だ!ってことで、ストレッチして睡眠しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする