泥臭く

1月が終わってしまいました。

レースがつづいて、毎日がピリピリとしてたので、正直しんどかったです。

過去の自分と比較することに意味はないと言われますが、過去の自分を越せないことにはオリンピックなんて口が避けても言えないのが現実です。

追いついたことは追いつきましたが、まだ追い越せてないので、さくっと追い抜いてこようとおもいます。

1月末は落ち着いたので、リカバリーをしながら、沢山の人にお会いしました。

いろんな人に会って、たくさんの話を聞けました。

厳しい言葉も優しい言葉もいいこともわるいこともくだらないことも。

その中で、泥臭さというかなんというか、ある種の必死さっていう部分がここの所かけていたことを気づかせていただきました。

情けねぇっていう気持ちが大きかったのですが、まだ指摘してもらえるという部分で、その人の優しさを感じられました。

有難いことに、素晴らしい大人や先輩に囲まれています。

皆さん優しいので、求められることはそんなに厳しくありません。でも、そこに甘え過ぎている自分が居たのではないかな?って思います。

自分のバカ正直さも、ここまでくると呆れるというかなんというか(笑)

競技に対する貪欲さを学んだところで、次は人に対しての貪欲さが大切かなと。

どういう人が愛され、応援されるのか、もっと上のレベルで考えないといけないと痛感しました。

泥臭くささだけでなく、いろんな面での向上心を忘れずに、考え方に幅を持たせてやっていかないと感じた2月のスタートでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする