2019年神奈川認定記録会レースレポート

スイム 4-09-9
ラン  16-07

漸く、5.5級、強化指定選手の基準を突破できました。

長きにわたり、たくさんの方々にご心配をおかけしましたが、やっとスタートラインです。

引き続きレースレポートをご覧ください。

ーーーーーー

長きにわたる認定記録会での消耗が終わった。

2017年、2018年と思うように体が動かず、やきもきしていた。

そんな背景もあり、2,3日前から緊張で思うように寝れず、おまけに多忙がたたって、風邪をひく始末。

テンションだけは落とすまいと、あれこれ手段を駆使して記録会に臨んだ。

〇スイム

4-09-9

正直、練習タイムの方が速いという始末。

途中で、

「ランがあるから手抜いちゃいなよ。」

っていう悪魔のささやきが(笑)

といっても、稼げるところは稼いどく主義なので、ラストは脚を入れて飛ばす。

何とか10を切ったというような感じ。

アップの時に感じていた代謝の悪さからすると上々。

結果的にはぼちぼち、60点って感じ。

朝一のわりには悪くはないのかな~と思うことにして、テンションを保つ。

予定では4-07-5くらいだったので、ここで5秒の借金を背負ったことになる。

とにかく体がやばいので、ダウンプールにドボン。

周りを見ると、記録に一喜一憂。そりゃそうだよねと思いながらやることをやっていく。

〇ラン

天候がよかったので、バスタオルを引いて昼寝。

風はなく、この上ないコンディション。

とりあえず天候は味方してくれたようである。

説明を聞き、芝生の上でゴロゴロ。

予想以上につかれており、余計なことをしたくない一心。

3000mが始まる前にアップを始める。

ウォーク、ドリル、動きづくり、ジョグ、速いジョグ、流し

一つ一つ丁寧に行った。

特に動きづくりの筋トレは丁寧に行った。

ハムの長さが出てなかったので、1LRDLで動きを出す。

10回×2は多すぎたかな。

あとは着替えて、クリオはって時間を待つ。

スタート5分前に最後の流し、心拍アゲアゲ。見て見ぬふり。

そしてレースが始まる。

正直記憶がなくて、書くことがあまりないというのが現実である。

覚えているのは、最初の1000mが予想以上に速かったことと、最初から最後まで藍さんと直子さん柳井さんがでっかい声で応援してくれていたこと、そして、けつわれして動けなくなったことである。

今回の結果は、多くの人に支えられて出た結果だ。

一人でここまで粘れたかと聞かれると、Noと答えるだろう。

もちろん、ここに向けてやってきたし、いろんなことがあった。

それでも、応援してもらったおかげで、力が引き出せた。

やり切ったというより、押し出してもらったという方が正しいかな。

なにはともあれ、強化指定が突破できて何よりである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする